買取金額は安くなる

カメラのジャンク品を買取している業者で、壊れたカメラの買取をしてもらう場合には、当然普通に使用できる状態のカメラに比べれば、買取価格は下がってしまいます。これはどこの業者でも同じだと考えてよいでしょう。問題なのはどれぐらい価格が落ちるのかという点です。これは業者によって多少変わってくるので、事前に情報収集を行う必要があるでしょう。

では、普通に使用できるカメラに比べて、ジャンク品のカメラはどれぐらい買取金額が低くなってしまうのでしょうか。平均すると、大体5000円ぐらいは実際の買取価格よりも安くなってしまうと考えるべきです。もちろんどこの部分が故障しているのかによっても変わってきますし、元の値段がどれぐらいだったのか、どこのメーカーなのか、いつ製造されたカメラなのかによっても異なります。

故障している箇所によっては買取不可能な場合もあるので、あくまで買取してもらえたら運がよかったと考えておく方がよいでしょう。しかし、壊れているからとすぐ処分してしまうよりは、まずジャンク品の買取をしてくれる業者を見つけておき、一応連絡を入れて査定だけはしてもらうべきです。査定は基本的に無料なので、依頼したからと言って損をしてしまうことは殆どないでしょう。